おすすめリンク

注文住宅を入間で建てる!

注文住宅は高いと思っている方へ、安くて評判のいい入間の業者を予算や土地の広さ別にご紹介。

大磯に不動産が欲しい!

海が近くて気候も温暖な大磯に不動産が欲しい方へ、居住用だけでなく、リゾート物件もご紹介。

類設計室の作品を知る

過去に手掛けてきた類設計室の作品を一挙公開!ここで働く為には何が必要なのかも公開しています

谷口実業で出来る事

建物の競売代行を依頼するならやっぱり谷口実業!豊富な経験と実績がアナタの希望を叶えてくれるかも?

顧客と共に設計する谷口実業

谷口実業は担当者と顧客が密になって建築設計が出来る!自分の希望を反映出来るから安心!

スタンダートな注文住宅の特色

注文住宅を含む、住宅の耐用年数を左右するものは、土地と構造が基本となります。

土地に関しては、地質や地盤に加えて土地ごとの環境が、数値化こそ難しいものの住宅の耐用年数に確実に影響を及ぼします。

一方、構造の場合は、鉄筋コンクリートで40から100年、木造で30から80年、鉄骨で30から60年といった具合に計算上の目安が存在し、耐用年数の明確な指針となります。

ただし、構造における耐用年数のふり幅を見ればわかりますが、構造のみで耐用年数を計ることも当然できません。

そこで重要となるのが、住宅のメンテナンス性です。

構造ごとの耐用年数のふり幅は、メンテナンスの的確性によって、プラスにもマイナスにも転じます。

当たり前のことではありますが、メンテナンスが適切に行われていれば、耐用年数は長くなりますし、メンテナンスが不適切であれば耐用年数は短くなるのです。

そのため、ハウスメーカーがメンテナンス性を含む汎用性を重視して建売する分譲住宅と比して、注文住宅の耐用性には居住予定者自身が、メンテナンス性を考慮した計画立案を求められることになるのは必定で、自由度の高さに比例して、住宅の耐用年数自体に与える影響が大きい点は、注文住宅の非常に大きな特徴の一つであり、長所にも短所にもなり得ます。

結局のところ、注文住宅の耐用年数は、居住予定者がハウスメーカーや工務店、設計事務所といった依頼先との協議で、構造とメンテナンス性の両立を考慮した建築計画を立てられるか否かにかかっているといえるのです。

注文住宅の耐用年数を左右するもの

注文住宅に関する基礎知識と併せて、注文住宅最大の特色である自由度の高さについても言及するなど、注文住宅への理解を深めるために必要となる基本情報をまとめたページです。 注文住宅を含む、住宅の建設及び購入に関心がおありの方は、是非ご一読ください。

構造から耐用年数を考える

住宅の耐用年数を考えるにあたって、住宅の耐用年数に多大な影響を及ぼす、土地と構造のうち、不確定要素が絡み数値化しにくい土地と比べ、大まかではあるものの、数値として耐用年数を提示可能である、構造にスポットを当てて耐用年数について考察を行ったページです。

分譲住宅との相違を踏まえた耐用年数比較

本項では、分譲住宅の特色を踏まえて注文住宅との違いについて述べると共に、注文住宅と分譲住宅の耐用年数の比較の妥当性、並びに可能性について私見を提示しています。 住宅の新築や建て替えに際して、注文住宅と分譲住宅の耐用年数にご興味をお持ちの方のご参考になれば幸いです。